ダイエット商品の落とし穴

宣伝しているダイエット商品を購入する前は口コミなどを参考にしましょう。

ダイエット商品を購入するのに携帯で電話をしている男女

高野豆腐を食べるダイエットで一緒に利用したい漢方薬

高野豆腐などの伝統的な食品を食べれば、ダイエットのための栄養も十分に摂取できます。しかしながら、栄養が偏る場合には免疫力が逆に衰えてしまうことがあります。お腹の調子を改善させることは、ダイエットを成功させるためにも極めて重要です。体の陰と陽のバランスを整えて、人体を構成する要素を健康にするためには、漢方薬の手助けが必要になることもあります。

高野豆腐はさっぱりとした味ですから、何度も食べていると飽きてしまうこともあります。ここで肉をたっぷりと食べてしまえば、ストレスは解消しても太る原因になります。気虚の症状になっている場合には、補気のための漢方薬を利用することがおすすめです。補中益気湯は代表的な補気剤であり、中世の時代に中国の医師が考えた方剤です。君薬は黄耆となり、臣薬はオタネニンジンを原料とする人参です。その他にも当帰や生姜などの生薬が含まれ、補気と理気の2つの作用が複雑に働くようになります。

漢方薬の補中益気湯で気を補っていれば、高野豆腐も気分よく食べられるようになります。気を補うための黄耆と人参に加えて、理気の作用がある当帰の働きが特徴なのが補中益気湯です。その意味は中焦の機能を補って、気を元気にさせるということです。ダイエット中にやる気がなくなってしまった場合や、食欲不振になったときには効果的な方剤です。

お腹のための漢方薬としては、大建中湯も使うことができます。大建中湯は中焦を建てるという意味の方剤であり、山椒や人参などの生薬が含まれています。大建中湯を飲んでお腹の調子を整えてから、高野豆腐の料理を食べる習慣をつければ、大豆由来の豊富な栄養が摂取しやすくなります。消化も促進して、お腹の新陳代謝も改善していきます。