ダイエット商品の落とし穴

宣伝しているダイエット商品を購入する前は口コミなどを参考にしましょう。

ダイエット商品を購入するのに携帯で電話をしている男女

お米を主食にするダイエットとコルセット

日本人の主食として馴染みのある米は、誰もが大好きな食べ物です。しかしダイエットには、米という炭水化物は敬遠されがちです。最も太りやすい炭水化物であるため、控えようと思うのは当たり前かもしれません。しかし、実は意外かもしれませんが、ダイエットの心強い味方になってくれる食材でもあるのです。お米が大好きな人であれば、ダイエットのために我慢するのは、大きなストレスになります。そこで、上手に取り入れてみると、ストレスもなく、ごはんもおいしく食べながら、ダイエットもできることになります。

お米は好きなだけ食べると太りますから、おにぎりにして食べる量を調整してみるといいです。1日に食べる量としては、1合から3合のごはんを用意して、おにぎりを主食にします。朝に1個か2個食べて、昼は2個か3個食べて、夜は1個食べるといった感じでいいでしょう。おにぎりを主食にしたら、おかずも用意します。炭水化物だけにしないで、ミネラル成分や、ビタミン類もおかずに入れましょう。サラダやお味噌汁、新鮮な野菜のサラダを加えてみましょう。サラダの場合は、ノンオイルドレッシングや、オリーブオイルにしてもいいでしょう。

お米のおにぎりの具材ですが、低カロリーなものを用意しましょう。昆布とか、梅干しなどは向いています。ボリュームのある肉とか、魚類の具材は控えましょう。コンビニで選ぶときにも、低カロリーの具材が基本です。ほかほかの温かいおにぎりより、冷えたおにぎりの方がダイエット向きです。温かくない方が、腹持ちが良くなります。

コルセットをダイエットに取り入れることもできます。ウエストにくびれを作りたい時は、コルセットを6時間くらい着用してみるといいです。コルセットをしばらく着用すると、くびれができやすくなります。長時間圧迫しすぎたり、無理な締め付けは控えましょう。